自宅で筋トレを始めたい人におすすめする筋トレグッズ2020年版

最近は筋トレが流行っているため、興味を持っている人は多いのではないでしょうか。若者から高齢者まで男女を問わず筋トレに取り組んでいる人がたくさんいます。

本格的にジムに通う人もいれば、筋トレグッズを買って自宅でトレーニングに励む人もいるでしょう。体を鍛えることで、健康や美容を促進する効果が期待でき、体を動かしやすくなって仕事や運動にも良い影響を与えます。

そこで、今回は自宅で筋トレするためのおすすめのグッズを紹介しましょう。

筋トレグッズの選び方

さまざまな筋トレグッズがあるなかから、自分に適したものを選ぶための方法を紹介します。

収納性

筋トレグッズをたくさん購入すると収納する場所に困ってしまいます。特に一人暮らしで収納スペースが不足していると置き場所に悩んでしまうでしょう。そこで、筋トレグッズを選ぶときに収納性に注目してみてください。たとえば、コンパクトにまとめることができるグッズがあります。収納性に配慮したグッズであれば、買ってから後悔するのを避けられるでしょう。

重さ

筋トレは適切な負荷を筋肉に与えることで効果が高まります。筋トレグッズは、それぞれ与えられる負荷が異なっています。たとえば、ダンベルを買うときに、あまりにも軽すぎると意味がありません。かといって、重すぎてしまうとまともに扱うことができず苦労します。そのため、自分が扱えそうな重さのものを買うとよいでしょう。

価格

筋トレグッズの価格はピンからキリまで存在します。基本的に高価格のもののほうが高品質であると考えて間違いありません。ただし、高いものを買うと家計への影響が大きいです。ひととおりのグッズを揃えるとなると合計してかなりの出費になってしまうでしょう。そのため、予算と相談しながら、ちょうどよい価格のものを選ぶとよいです。

評判

ネット通販で筋トレグッズを買うのであれば、口コミ情報をチェックしておきましょう。実際に利用した人の情報はとても参考になります。もちろん、口コミのすべてが信頼に足る情報であるとは限りません。あくまでも購入するための参考にするという認識でチェックしましょう。

鍛えたい部位

筋トレグッズはそれぞれ鍛えられる部位が異なっています。そのため、自分の鍛えたい部位に合わせて筋トレグッズを選ぶことが大切です。初心者はまず大きな筋肉を鍛えることをおすすめします。そのほうが効果が早く出るため、モチベーションを上げやすいからです。大胸筋と太ももは体のなかでも特に大きな筋肉のため、これらを鍛えられるグッズに注目しましょう。

おすすめの筋トレグッズを紹介

筋トレグッズにはさまざまな種類が存在しています。そのなかから、筋トレに効果のあるおすすめの筋トレグッズを紹介しましょう。

ダンベル

筋トレの基本といえるのがダンベルです。特におすすめするのは重量を変えられるタイプです。さまざまな重りがセットになっている商品があり、こちらを利用すれば自分に合った重さに調節して使えます。分解できるタイプの場合は収納にも便利であり、保管しやすいです。

ダンベルを用いると上半身のさまざまな部位を鍛えることができます。上腕二頭筋や上腕三頭筋、前腕筋といった腕の筋肉を鍛えたり、大胸筋や広背筋、三角筋などを大きくしたりすることが可能です。非常にたくさんの筋トレメニューが存在しているため、鍛えたい部位に合った方法を選びましょう。

プッシュアップバー

 

コの字型をしたグッズで、持ち手を握って腕立て伏せをできます。胸を肩よりも下にまで下げることができ、通常の腕立て伏せよりも大きな負荷を与えられるのが特徴です。また、手首の負担を和らげられるのもメリットです。通常の腕立て伏せは手首にかかる負担が大きく、怪我をするリスクがあります。腕立てをしたいならば、プッシュアップバーは欠かせません。

プッシュアップバーによる腕立てによって、胸筋や三角筋、上腕三頭筋を鍛えられます。

チンニングスタンド

自宅で懸垂するための器具です。大きくて場所を取るため、あらかじめスペースをあけておく必要があります。折りたたむことは難しく、収納性に欠けるため注意しましょう。ただし、筋トレへの効果はとても大きいです。

懸垂は上半身全体の筋肉を鍛えることができます。自重トレーニングにおいて王道といえるもので、効率よく筋肉を鍛えられます。

腹筋ローラー

 

定番の筋トレグッズの1つです。腹筋に与える負荷はかなり大きいため、上手く使いこなすことができれば、ムキムキの腹筋を得られるでしょう。注意点としては、フローリングの床だと下に騒音が響いたり、傷つけたりする可能性があります。必ずマットのようなものを敷いて行いましょう。マットが付属している商品もありおすすめです。

ハンドグリップ

握力を鍛えたいならば、ハンドグリップがよいでしょう。コンパクトでどこにでも気軽に持ち運べます。負荷を幅広く選ぶことができ、調節可能な商品も存在します。実はハンドグリップによって、握力だけではなく前腕を鍛えることも可能です。注意点は、それぞれ形が異なっているため、自分の手にフィットするものを選ぶことです。

バランスボール

 

体幹を鍛えたいならば、バランスボールがよいです。さまざまなトレーニング方法に利用できます。インクラインプッシュアップやプランク、レッグレイズなどに活用可能です。全身のあらゆる筋肉を鍛えられるため、万能なグッズといえます。注意点は大きくて場所を取るため、その点を考慮することです。カラーやデザインなどにも注目して、インテリアとしてもぴったりなものを選びましょう。

メディシンボール

メディシンボールとはラバーでできた厚みがあり重たいのが特徴のボールです。1kgから重たいものだと10kgを超えるものまであります。そのため、筋トレの初心者から上級者までおすすめできるグッズです。たとえば、腹筋やスクワットをするときにメディシンボールを持ちながら行うことで負荷を高められます。単にボールを持ったまま体を動かすだけでも筋肉に負荷を与えられるでしょう。さまざまなトレーニングに活用できる便利なグッズです。

そのほかにおすすめの筋トレグッズ

筋トレをするために役立つアイテムはたくさんあります。いくつか用意しておきたいものを紹介しましょう。

ヨガマット

直接、フローリングの上で筋トレをするのはおすすめしません。床が硬いため痛みを感じたり怪我をしたりする可能性があります。また、直接床の上で筋トレグッズを使うことでフローリングをキズつける可能性もあります。ヨガマットを使えば、安心して筋トレができるでしょう。

プロテイン

筋トレの効果を高めたいならば、プロテインは欠かせません。筋トレ後にプロテインを摂取することで、筋肉を作るための材料を補給できます。普段の食事だけではタンパク質を摂取する効率が悪いです。本格的に体を鍛えたいと思っているならば、プロテインを使うことをおすすめします。

体組成計

 

最新の体組成計であれば、部位別の筋肉量を測定できます。筋トレの成果を確認するために、わざわざメジャーで大きさを測るのは面倒くさいものです。体組成計であれば、筋肉量によって筋トレの効果を確かめられます。筋トレのモチベーションを上げるための役に立つでしょう。

まとめ

おすすめの筋トレグッズについて紹介してきました。これから自宅で筋トレに取り組みたいと考えている人は、こちらを参考にしてグッズを選んでください。

筆者愛用「リネット」

クリーニングはしたいけれど、
・持って行く、持って帰るが面倒…
・営業時間に間に合わない…

CMで話題のリネットなら「ダンボール」や「袋」に詰めるだけで、簡単OKです。
当日集荷翌日配達でクリーニングが出来ます。

リネットは、筆者愛用品です。

特別な加工剤を使い、一般的にオプションになるクリーニングをデフォルトで行ってくれます。
仕上がりの満足度が高いです。



万が一事故が起きて洋服が汚れたり、壊れたりしても、1注文20万を上限に補填を受けられます。

申込みから集荷までの簡単さ ・クリーニングの品質 ・翌日仕上がりといった利便性は離れられません。

詳細はリネット公式HPをご覧ください。




服だけでなく、布団のクリーニングもあります。
人は寝ている間に、コップ1杯の汗をかきます。
1年間ではペットボトル144本分です…
定期的なお手入れをすることをおすすめします。
詳細は布団リネット公式HPをご覧ください。




なかなか洗えないのクリーニングもありますので、こちらもおすすめです。
スニーカーからビジネスシューズまで、あらゆる靴に対応しています。
詳細は靴リネット公式HPをご覧ください。

-ボディーケア

Copyright© スマートサプリ , 2020 All Rights Reserved.