プロテインを買う前に知っておきたい本当にコスパの高プロテイン2020年版

筋トレしているならば、プロテインは欠かせません。プロテインを摂取することでタンパク質を取り込み、筋肉の材料にすることができます。

プロテインは筋トレしている期間に継続して摂取することになります。そのため、どうしても家計への負担が大きいため、コスパを重視することが大切です。

そこで、コスパの良いプロテインについてまとめました。

プロテインはコスパが大事!

どうしてプロテインのコスパが重要なのか紹介しましょう。

筋トレ中はずっとプロテインが必要

筋トレをしたあとにプロテインを摂取することは大切です。筋肉の材料となるのがタンパク質であり、普段の食事では不足することが多いからです。

食事で必要なタンパク質を摂取できれば問題ありません。しかし、そのような食事を用意するのは大変であり現実的ではないです。そこで、効率よくタンパク質を摂取する方法としてプロテインが注目されます。

プロテインは一般的に筋トレ後に摂取することが推奨されています。運動したあとに筋肉の破壊と再生が行われ、そのタイミングでタンパク質が吸収されやすくなるからです。

プロテインにかかる費用はどれくらいか?

筋トレするときに継続してプロテインを飲むことになるため、その費用は馬鹿になりません。たとえば、3キロ1万円のプロテインを買ったとして、1日に100g摂取した場合は、月にかかる費用は1万円です。

これが5キロ1万円の場合には、月にかかる費用は6千円になるでしょう。このようにプロテインにかかる費用は、プロテインの価格によって大きく異なります。

筋トレするためには、筋トレグッズを買ったり、ジムに通ったりするためにもお金がかかるでしょう。そのため、プロテインにかける費用は極力抑えたいものです。

コスパの良いプロテインの選び方

プロテインを選ぶときのポイントをまとめました。

好みの味のものを選ぶ

いくら安くてコスパが良かったとしても、味が自分の好みに合わないプロテインを選ぶと長続きしません。それでは筋トレそのものが楽しくなくなってしまうでしょう。そこで、自分の好みの味のプロテインを選ぶことが大切です。

なかには味のバリエーションが多いものもあり、飽きないように工夫されています。

プロテインの種類について

プロテインの種類は主に「ホエイプロテイン」と「ソイプロテイン」、「カゼインプロテイン」の3種類があります。

ホエイプロテインとは牛乳によって作られたものです。ヨーグルトの上澄みの部分がホエイであり、このなかにタンパク質が含まれています。吸収されやすく筋トレへの効果は高いでしょう。

カゼインプロテインも牛乳から得られるものであり、上澄みではない部分に含まれているタンパク質です。吸収のスピードがゆっくりであり、満腹感を得られやすいです。そのため、ダイエットしている人向きのプロテインといえます。

ソイプロテインは大豆から得られるタンパク質です。吸収が遅く満腹感を得られやすいのが特徴です。カロリーは低めであり、こちらもダイエットに適しています。

これらのなかで一番費用が安いのはソイプロテインです。ただし、筋トレへの高い効果を期待するならば、ホエイプロテインをおすすめします。

単価を比較する

どのプロテインがコスパに優れているか考えるときには、単価で比較するとよいです。基本的にプロテインは1kg単位で売られていることが多いのですが、なかには600gや900gなど中途半端な商品もあります。そのため、1kgあたりの価格に換算して比較するとよいでしょう。

基本的には重量の大きな商品ほどコスパはよいです。同じ商品でも、1kgよりも3kgや5kg入りの商品のほうが単価が安くなります。お気に入りのプロテインを見つけることができたならば、大容量の商品を買うとよいでしょう。

セールやキャンペーンでまとめ買いをする

プロテインはセールやキャンペーンなどで安売りされることがあります。特にネット通販を利用するときには、価格がかなり割引されるケースもあるため注目しましょう。安くなったタイミングでまとめ買いすることをおすすめします。

コスパの良いプロテインを紹介

コスパの優れているプロテインを紹介しましょう。

Gold Standard ダブルリッチチョコレート

オプティマムニュートリションという会社から出ているプロテインです。世界シェアNo.1とされていて、高く評価されています。ゴールドスタンダードシリーズのなかの商品であり、日本でも販売されるようになりました。

主成分であるWPIは90%以上が純粋なタンパク質です。体にすぐに吸収される高品質なプロテインといえます。

美味しさにもこだわっているプロテインです。日本で売られているものは、日本人向けに甘みが抑えられているため、海外製であっても安心して買えます。

1kgあたりの価格は約5,500円です。WPIの商品としてはコスパが安い部類に入ります。

マッスルフィットプロテイン ココア味

ホエイとカゼインという2種類のタンパク質が含まれているプロテインです。独自成分であるEMRも配合されています。さらに、カルシウムや鉄、グルタミン、ビタミンB群が添加されていて栄養が豊富です。体作りに必要な栄養素がぎっしりと詰まっています。

運動後だけではなく就寝前にもおすすめです。ココア味であり、水でも牛乳でも美味しく飲めます。スプーンが付属しているため、1回分を計量しやすいです。

価格は1kgあたり5,760円です。

ザバス ホエイプロテイン100 ココア味

ホエイプロテインが100%配合されています。さらに7種類のビタミンB群とビタミンCも添加され栄養豊富です。付属のスプーンがあり、計量するのに使えます。水にも牛乳にも溶けやすい商品で飲みやすいです。

明治が独自に開発したことで美味しさと溶けやすさを両立させることに成功しています。食品メーカーだからこそのこだわりを感じられるでしょう。国内製造にこだわっているのも特徴で安全性が高いです。

1,050gの商品だと、1kgあたりの単価は5,709円です。2,520gの大容量商品の場合は、1kあたりの単価が5,143円になってお得です。

パワーボディ100%ホエイプロテイン ミルクチョコ風味

コスパに優れているプロテインです。1kgの価格が3,680円で安さが魅力です。2.3kgの商品では、1kgの単価が3,252円となってさらに安くなります。

ホエイプロテインを100%使用している商品です。タンパク質含有率は77%と優れています。ビタミンが11種類、さらにミネラルも3種類配合されています。水に溶けやすく、ミルクチョコ風味で美味しいです。シェイクしても泡立ちが少なく飲みやすいです。

ホエイプロテイン チョコミルク 1kg ボディウイング

1kgあたりの単価が2,390円とかなりコスパのよいプロテインです。WPCホエイプロテインを原料に使用しています。自然植物に由来するステビアだけを甘味料として使っていて、甘さは控えめです。

7種類のビタミンも配合されていて、健康や美容にもよいです。砂糖や保存料、着色料は一切使っておらず、安心して利用できます。一杯で8g計量することができるスプーンがついています。

まとめ

 

コスパのよいプロテインについてまとめてきました。プロテインをこれから買うならば、価格に注目しましょう。コスパの優れた商品であれば、家計に負担をかけずに筋トレを続けられます。

筆者愛用「リネット」

クリーニングはしたいけれど、
・持って行く、持って帰るが面倒…
・営業時間に間に合わない…

CMで話題のリネットなら「ダンボール」や「袋」に詰めるだけで、簡単OKです。
当日集荷翌日配達でクリーニングが出来ます。

リネットは、筆者愛用品です。

特別な加工剤を使い、一般的にオプションになるクリーニングをデフォルトで行ってくれます。
仕上がりの満足度が高いです。



万が一事故が起きて洋服が汚れたり、壊れたりしても、1注文20万を上限に補填を受けられます。

申込みから集荷までの簡単さ ・クリーニングの品質 ・翌日仕上がりといった利便性は離れられません。

詳細はリネット公式HPをご覧ください。




服だけでなく、布団のクリーニングもあります。
人は寝ている間に、コップ1杯の汗をかきます。
1年間ではペットボトル144本分です…
定期的なお手入れをすることをおすすめします。
詳細は布団リネット公式HPをご覧ください。




なかなか洗えないのクリーニングもありますので、こちらもおすすめです。
スニーカーからビジネスシューズまで、あらゆる靴に対応しています。
詳細は靴リネット公式HPをご覧ください。

-ボディーケア

Copyright© スマートサプリ , 2020 All Rights Reserved.