【アメリカの革靴】おすすめブランドのご紹介 | 周りからセンス抜群と必ず思われる

この記事で得られること

✔アメリカの革靴の特徴が分かる

✔おすすめのアメリカの革靴ブランド

アメリカの革靴の特徴

オールデンのプレーントゥ

メイドインUSAの印が入るレザーシューズのほとんどは、堅牢な機械式グッドイヤーウェルト製法によって作られる。アメリカのマスプロダクションの輝かしい成功例と言われるこの製法のシューズはほどよくラウンドしたトゥを持ち、コバが厚くまとめて縫われたヴァンプとミッドソールとウェルトの一体感によって足に馴染み、同時に足をしっかりガードする。さらに複式縫いによってヴァンプからウェルトが独立しているため、アウトソーシングをたやすく交換でき、デイリーユースが可能になる。いわゆる派手な遊び人が履くトゥのとがったイタリア靴とは対象的な革靴で、そのほとんどが働くための機能美の名のもとに芯かしている

アメリカの革靴の代名詞グッドイヤーウェルト製法

上記の説明にもありましたが、グッドイヤーウェルト製法はアメリカの高級な革靴にはほとんど利用されています。特徴は工程が複雑なので高価になりやすいです。つまり、つくれる職人が少ないので、その分希少価値が上がるという仕組みです。革靴の底の部分ソールの付け外しができるのでメンテナンスしやすいのも特徴です。高級な革靴であってもメンテナンスができるためデイリーユースとして利用できます。

アメリカのおすすめ革靴:オールデン

アメリカで唯一すべてのオリジナルブランドをアメリカの自社工場でつくっている。グッドイヤーウェルト製法の典型とも言われるアメリカ最高峰の革靴です。

アメリカのおすすめ革靴:アレンエドモンズ

強いアメリカが織り込まれた紳士靴です。アレンエドモンズの歴史は長く、創業は1922年です。第二次世界大戦中は米軍の要請に応え、ミルスペックオフィサーシューズの製造にも携わっている。終戦後、軍服を脱いだオフィサーたちがビジネスや政治の場に復帰した際に、快適さを忘れられず、アレンエドモンズを指名買いし続けたことで、アイビーリーガーのいる東海岸でも認知されました。

アメリカのおすすめ革靴:バス・ウィージャン

アメリカの有名私立大学「ハーバード」「イェール」「ブラウン」「コロンビア」etc..

の生徒をアイビーリーガと言われる。そのエリートの足元を飾った靴と言えば、バスのローファーになります。世界で初めてローファーを作った老舗シューズブランドです。

アメリカのおすすめ革靴:レッドウィング

ワーカーを支えた働く男のための一足。アメリカのワークシーンにおいて今も圧倒的シェアを誇るのが1905年創業のレッドウィングです。現行も高い人気を誇るのは古くからの技法を頑なに守り、クオリティを落とさないからだろう。

アメリカの革靴のまとめ

アメリカの革靴の特徴は機能美になるでしょう。アメリカの著しく成長を遂げた経済の発展とともに革靴も成長してきました。あらゆるワークシーンに浸透してきたアメリカの革靴はイギリスやイタリアの革靴と違って「レッドウィング」のようなワークブーツ国内でも人気だったりします。とはいえ、何と言ってもアメリカの革靴といえば「オールデン」になります。オールデンのコードヴァンは他の革靴と比べても群抜きの輝きを放ちます。オールデン履いているあなたは間違いなく一流の紳士の仲間入りになっているでしょう。しかし、「アレンエドモンズ」も負けてはいません。歴代の大統領はアレンエドモンズも愛用しています。

-ファッション

Copyright© スマートサプリ , 2019 All Rights Reserved.